子宮頸がんHPV検査パピックス

子宮頸がんは20~40歳代の女性に多い病気です

日本では今、女性の75人に1人が子宮頸がんにかかり、年間約3,000人が命を落としています。
その中でも、特に20~40歳代の女性が、子宮頸がんに多く罹患しています。

子宮頸がん年代別罹患率

子宮頸がんの主な原因はHPVの持続感染

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の持続感染が主な原因で発症します。
100種類以上あるHPVのうち、子宮頸がんに関連するものは「高リスク型HPV」と呼ばれており、特に「HPV16型」および「HPV18型」は子宮頸がんに進展する可能性が高く、注意が必要です。
パピックスでは、そのような「高リスク型HPV」の感染有無を調べることができます。

HPVの持続感染

パピックスで「高リスク型HPV」の感染有無を自宅で簡単に検査!

パピックスは、ご自分で採取した細胞を郵送するだけで、リスクの高いHPV16型、18型、その他高リスク型12種(31、33、35、39、45、51、52、56、58、59、66、68型をまとめて判定)の感染有無を検査できる「自己採取HPV検査」です。検査のお申し込みや検査結果の確認は、スマホやパソコンで行い、自宅で簡単に子宮頸がんになるリスクを調べることができます。

検査のメリット

1 子宮頸がんの早期発見・早期治療の可能性が拡がります

子宮頸がんになる前の段階で早期発見、早期治療ができれば、子宮を摘出せず、赤ちゃんを授かる可能性も残すことができます。

2 自宅で簡単に検査できます

「時間がない」「面倒」「恥ずかしい」といった理由で病院の検査を受けられない方でも、自宅で簡単に検査することができます。申し込み手続きはもちろん、検査結果もweb上で確認することができます。

3 精度が高く信頼できる検査です

検査機関において、本HPV検査の医師採取と自己採取の比較検証試験を実施し、ほぼ同等の結果が得られることを確認しています。また、検査で使用する自己採取用具「ホームスミアセットプラス」は、日本製で安全性が高い製品です。

検査の流れ

①お申し込み

以下のバナーをクリックし、太陽生命のお客さま専用申し込み(共同研究参加登録)サイトからお申し込みください。

本サービスは、太陽生命が業務提携する株式会社ジェネティクラボが提供するサービスです。

2021年9月1日以降のご契約で、ガン・重大疾病予防保険、入院保険、入院一時金保険のいずれかが付加された保険組曲Bestにご加入の被保険者様は、優待価格でお申し込みいただくことができます。

サービスの対象となるご契約・保険商品は以下のとおりとなります。
ご契約日: 2021年9月1日以降のご契約
対象とする商品: 保険組曲Best(分割払)で、以下の指定契約が付加されているご契約
無配当10大疾病保障保険〔I型〕(無解約払戻金型)(001)
無配当10大疾病保障保険〔II型〕(001)
無配当入院保険(無解約払戻金型)(002)
無配当入院一時金保険(無解約払戻金型)(002)

後述の「ご留意いただく事項」もあわせてご確認ください。

papiqss

②検査の実施

ご自宅の郵便受けに、パピックスのロゴ入り封筒で検査セットが到着します。
ご自分で子宮頸膣部の細胞を採取していただき、採取した細胞をご返送ください。

③検査結果の確認

検査完了後、検査完了の通知がメールで届きます。スマホやパソコンで検査結果をご確認ください。

<検査結果の例>

検査項目

検査結果で、HPV16型、18型に感染している場合には、できるだけ早くお近くの婦人科医療機関で細胞診検査を受けることをおすすめします。

ご留意いただく事項

株式会社ジェネティックラボ patho@gene-lab.com

ご契約者さまへ

お客さま専用インターネットサービスログイン

太陽生命マイページのご案内

らくちんサービスのご案内

ひまわりカードのご案内

ご契約者さま優待サービス
T&Dクラブオフ
  • よくあるご質問
  • 各種お手続き・お問い合わせ

ページの先頭へ

ページの先頭へ