太陽生命

がん保険

がん保険を選ぶなら、
終身型と定期型はどちらがおすすめ?

いざという時に備えられるがん保険には、終身型と定期型の2種類があります。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、がん保険を選ぶときは自分のニーズに合ったタイプを選ぶことが大切です。

この記事では、がん保険の終身型と定期型の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。
なお、がん保険の必要性については「自分にがん保険は必要なのか?年齢や性別ごとに解説します」でくわしく説明していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

がん保険の終身型と定期型の違い

がん保険への加入を検討する際は、まず終身型と定期型の違いを理解する必要があります。

ここでは終身型と定期型の違いを2つのポイントに分けて解説します。

保障の期間

終身型がん保険は、文字通り、保障が終身、つまり一生涯続く保険です。

がん保険を任意で解約するまで、保障が途切れないところが特徴です。

終身型がん保険の保障期間と保険期間

一方、定期型がん保険は、10年・15年など保障される期間(保険期間)があらかじめ決められています

当初の期間を超えて保障を継続する際は、自動更新ではない場合、保険期間満了後に自分で更新手続きを行う必要があります。

定期型がん保険の保障期間と保険期間

保険料の支払い

終身型がん保険は、保障が一生涯続くぶん、定期型に比べると加入時の保険料がやや割高に設定されています。

ただし、原則として保険料が上がることはありません。

終身型がん保険の保険料

一方、定期型がん保険は、保障される期間が限定されているぶん、終身型がん保険より保険料が割安になっています

ただし、保険期間満了後に更新する場合、そのときの年齢に応じて保険料が見直されます。

一般的に、がん保険は年齢が上がるほど保険料が割高になるため、定期型がん保険の更新を行うと、月々の保険料負担も大きくなります。

定期型がん保険の保険料

がん保険の終身型と定期型のメリット・デメリット

ハートの毛糸で保険のメリットをイメージ

がん保険の終身型と定期型の違いをふまえ、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすくまとめました。

終身型がん保険のメリット

終身型がん保険の一番のメリットは、がんの保障が一生涯にわたって続くところです。

国立がん研究センターが発表している「日本の最新がん統計まとめ」によると、2017年の年齢別がん罹患率は、男女とも50代〜80代まで上昇傾向にあります。[注1]

年齢階級別罹患率

年齢が上がるにつれてがんに罹患するリスクが高まることを考えると、がんの保障が一生涯にわたって続く安心感は大きなメリットとなります。

また、終身型がん保険は原則として保険料がずっと変わりません。

たとえば30歳で加入した終身型がん保険の保険料が月々5,000円だった場合、がん罹患率が高くなりはじめる40代・50代・60代になっても毎月支払う保険料は5,000円のままです。

途中で保険料が上がることがないため、更新時に急に保険料が上がるなどの不安はありません。

[注1]国立がん研究センター がん情報サービス「最新がん統計」

終身型がん保険のデメリット

終身型がん保険のデメリットは、保障が一生涯続くぶん、定期型に比べて保険料の負担が大きいところです。

特に社会人になりたての時期や、子育てにお金がかかる時期は、月々の保険料の負担が大きく感じる可能性があります。

また、終身型は保険期間が一生涯のため、一度加入するとなかなか見直しがしにくいかもしれません。

がん保険は時代のニーズに合わせて新しい商品が次々に誕生していますので、場合によっては途中でより良い保険が出てくる可能性もあります。

終身型がん保険の中には、中途解約時に払い込んだ保険料の一部が返還される「解約払戻金」があるものもありますが、保険料の払込期間中に解約した場合、一般的に実際に支払った保険料よりも戻ってくるお金は少なくなります。

また、新しい保険に乗り換える際の年齢によっては、保険料が割高になってしまいます。

保障が一生涯続くぶん、見直すきっかけやタイミングがつかみにくいのが終身型がん保険ならではのデメリットといえるでしょう。

定期型がん保険のメリット

定期型がん保険のメリットは、保険期間の満了時等に保険を見直しやすいところです。

いざという時に必要な保障はライフステージによって変化しますし、よりニーズに合った新たな保険が出てくる可能性もありますので、定期的に保険を見直すことで、常に最適な保障を確保できるのは大きな利点です。

たとえば「子育て中だけ保障を充実させたい。セカンドライフの保障は最低限でよい」という場合、20年の定期型に加入→子育てが終わったタイミングで、より手軽な保険に加入し直すという柔軟なプランを立てることも可能です。

また、定期型がん保険は年齢が若い人ほど加入時の保険料が少なく設定されていますので、子育て期の家計負担を軽減できるところもメリットのひとつです。

定期型がん保険のデメリット

定期型がん保険は終身型に比べて保険料が安く設定されていますが、年齢が上がるにつれて保険料の負担はだんだん大きくなります

たとえば30歳でがん保険に加入した場合、20年定期型は月々2,000円、終身型は月々4,000円の保険料だったとします。

当初20年は定期型の方が保険料の負担を軽減できますが、満了を迎えた50歳時に保険を更新したら、月々の負担が5,000円に増えてしまった…ということもありえます。

50歳以降は、終身型は生涯にわたって保険料が変わらないのに対し、定期型の方が月々の負担が大きくなってしまう場合があるのです。

また、保障が一生涯続く終身型とは異なり、定期型は更新できる年齢の上限が決まっています。

年齢制限は保険商品によって異なりますが、80歳〜90歳を上限としているものが多いようです。

上限を超えた後もがんへの保障に備えたい場合、加入可能な別の保険を探さなければならない点に注意が必要です。

あなたにおすすめながん保険は終身型?定期型?

星5つ並べておすすめポイントをイメージ

がん保険の終身型と定期型のどちらを選べばよいかは、保険へのニーズや目的によって異なります。

ここでは、終身型と定期型のメリット・デメリットを踏まえて、どのような人にどのタイプのがん保険が適しているのか、おすすめのポイントをまとめました。

生涯にわたってがんに備えたい方は終身型がおすすめ

年齢にかかわらず、一生涯にわたってがんに備えたい!という方には、保障がずっと続く終身型のがん保険がおすすめです。

加入時の保険料はやや高めですが、負担額は一生変わらず、かつ終身の保障を確保することができます。

割安な保険料で大きな保障をもちたい方は定期型がおすすめ

割安な保険料で大きな保障をもちたい方には、定期型のがん保険がおすすめです。

子どもの独立など、節目の時期に合わせて保険期間を設定すれば、常に最適な保障をキープすることができます。

以上、終身型と定期型に向いている人の特徴をご紹介しました。
がんは、治療が長期にわたることもあり、費用も高額になりがちです。例えばライフステージにおいて、子育てや、住宅ローンを負担する時期に、がんにより収入が減ることはダメージが大きいです。この時期は、社会復帰を早くするために、より良い治療の選択ができるような保障が必要といえます。

「スマ保険」がん・重大疾病重点プランなら、がんと診断された時点で最高2,000万円の一時金が支払われます。

さらに先進医療を受けた場合、1回につき1,000万円を限度とした保障が適用されますので、安心して治療に専念できます。

一定期間、がんによる負担を抱えたくない!という方は、ぜひ「スマ保険」がん・重大疾病重点プランをご検討ください。

「スマ保険」がん・重大疾病重点プランの詳細はこちらからご確認いただけます。

「がん保険」の記事一覧へ戻る

他のカテゴリーを見る

手頃にしっかり備えられる
がん保険はコチラ