持病のある方でも申し込みしやすい保険に新たなラインナップ登場
日帰り入院から一時金で、最高20万円
新型コロナウイルスによる場合は、最高40万円

2020年10月30日

2020年11月1日よりスマ保険で新たなラインナップの追加と加入上限の引き上げを行います。


  1. 持病のある方でも申し込みしやすい保険に新たなラインナップ 保険組曲Best既成緩和の追加

     持病がある方でも申し込みしやすい保険(保険組曲Best既成緩和)で、以下のラインナップの取り扱いを開始します。
      · 選択緩和型入院一時金保険
      · 感染症プラス入院一時金保険

     保険組曲Bestに付加することができる入院一時金保険については、日帰り入院から一時金で最高20万円を受け取ることができ、多くのお客さまにご好評いただいております。今回持病のある方でも入りやすい保険でも一時金で最高20万円を受け取ることができるようになります。

     また、不慮の事故や新型コロナウイルス等の所定の感染症(注1)で入院時に保障する感染症プラス入院一時金保険も持病のある方でも申込みができる保険に付加することができるようになりました。これにより、例えば、新型コロナウイルスで入院した場合は最高で40万円(注2)を受け取ることができるようになりました。

    (注1): 「新型コロナウイルス感染症」とは、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令(令和2年政令第11号)に定める新型コロナウイルス感染症のことをいいます。また、新型コロナウイルス感染症が「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第6条第2項、第3項または第4項の疾病に指定された場合、その指定が解除された日以後に支払事由が生じたときは、新型コロナウイルス感染症は対象となる感染症に含めません。
    (※)感染症プラス入院一時金保険は、責任開始日から10日以内に発病した感染症は保障の対象になりません。
    (注2):「選択緩和型入院一時金保険」と「感染症プラス入院一時金保険」をそれぞれ入院一時金額20万円で同時に付加し、新型コロナウイルス等の所定の感染症やスポーツ中の事故など不慮の事故が原因による入院の場合


  2. 認知症診断保険金の加入上限の引き上げ

     「ひまわり認知症予防保険」で認知症と診断されたときに受け取れる保険金の加入上限を引き上げます。これまで100万円が最高でしたが、今回より300万円まで引き上げられます。認知症に罹患した場合にかかる様々な費用にお使いいただくことができます。

以  上